2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

移転のお知らせ

VIPPERな俺 新着記事

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑  |  このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.06.25 (Mon)

ドラえもんがジョジョにハマったようです5

ドラえもんがジョジョにハマったようです
ドラえもんがジョジョにハマったようです2
ドラえもんがジョジョにハマったようです3
ドラえもんがジョジョにハマったようです4の続き


768 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 06:45:36.23 ID:mgtLneKBO
『スゲーどうでもいい話』
ドラ「この話は本編と関係ない上にかなりどうでもいい話だよ」
のび「うわードラえもんだぁー。なにげに初登場ー」
ドラ「無からは何も生まれない。この物語もいろんなキッカケがあって誕生したんだよー」
のび「うわー本当にどうでもいい話だねーみんなの保守のほうがまだおもしろそーだー。で、このスレができるキッカケはなんだったんだい?」
ドラ「それは作者が涼宮ハルヒの憂鬱というアニメに出会ったことだよ」
のび「うわー。まったく関連性を感じないやー。それがどうこのスレにつながったんだい?」ドラ「
アニメおもしれー
 ↓
原作のラノベおもしれー
 ↓
プリンスレおもしれー
 ↓
(キングクリムゾンッ!!!)
 ↓
このスレを立てる」
のび「大事な部分の時を飛ばすなよー」
ドラ「あははー」
のび「これが風が吹けば桶屋が儲かるってやつだねー」
ドラ「そうだねー」
のび「ところでいつハルヒ要素がなくなったんだい?」
ドラ「最初のスレが立つ3時間前さー」
のび「へっ?」
ドラ「そうこのスレは、立つ3時間前までは作者の頭の中では“涼宮ハルヒがジョジョにハマったようです”だったんだー」
のび「えー」

需要があるならつづく…

777 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 07:02:29.72 ID:mgtLneKBO
『スゲーどうでもいい話2』
のび「でーどんな話だったんだい?」
ドラ「とりあえずキョンが主人公でスタンドはシルバーチャリオッツ」
のび「うわー僕のスタンドとえらい差があるやー僕もシルバーチャリオッツが良かったなー」
ドラ「出来杉vs神成の時にはまだ君はシルバーチャリオッツの予定だったんだよー」
のび「そうだったんだー」
ドラ「この話はまた後で話すよー」
のび「伏線かー」
ドラ「違うよー」
のび「で他のキャラはー?」
ドラ「長門がハイエロファントグリーンで、古泉がマジシャンズレッド、ハルヒがスタープラチナ、みくるがザフールだねー」
のび「主要メンバーばかりじゃーん。こっちはエンペラーだよー」
ドラ「まあいろいろあったんだー」
のび「まずなんでスレを立てる直前に内容をドラえもんに変えたのー?」
ドラ「神の声が聞こえたんだー」
のび「うそつけー」
ドラ「あははーでも本当に特に理由はないんだー」
のび「マジかよー」
ドラ「だがおかげで物語が3倍ほどおもしろくなったよー」
のび「命を運んでくると書いて運命だねー」

781 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 07:17:14.21 ID:mgtLneKBO
『スゲーどうでもいい話3』
ドラ「でー最初は今まで書きためてた内容をそのままドラえもんに写し変えればいいと思ったんだー」
のび「単純だねー」
ドラ「だが一番最初にキョンのシルバーチャリオッツ対ホイールオブフォーチェーンの対決があったんだけどー」
のび「ドラえもん版にはないねー」
ドラ「理由はキョンならハルヒがいなくなったことにすぐ気づくけど、のび太はドラえもんがいなくなったことにすぐには気付かないだろーという作者のかってな思い込みさーだからその話は消えたんだー」
のび「ふーん、じゃあハルヒとドラえもんは同じポジションなんだねー」
ドラ「世界改変の能力があるのは僕とハルヒだけだからねー」
のび「じゃあドラえもんのスタンドはスタープラチナなの?」
ドラ「禁則事項です」
のび「えー」
ドラ「ぶっちゃけ物語の展開が当初の思惑とずれまくったから作者もわからないよー」
のび「どうしてずれたのー?」
ドラ「全ては出来杉と古泉のせいだよー」
のび「へぇー」

783 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 07:37:45.74 ID:mgtLneKBO
『スゲーどうでもいい話4』
ドラ「キョン編の後は古泉編だったんだよー」
のび「古泉=出来杉なのー」
ドラ「いやそれなら古泉活躍しすぎだろー?出来杉は長門の分の話も奪ったんだよー」
のび「つまり古泉+長門=出来杉?どうりで出来杉ができすぎるのかー」
ドラ「その点きみはキョン-かっこよさ=のび太だねー」
のび「はは…こやつめ」
ドラ「でードラえもん版の最初の出来杉の推理だけど、あれはハルヒ版の古泉の推理のほぼ使い回しだよー」
のび「冒頭の推理はパクリじゃなくて手抜きだったのかー」
ドラ「インスパイアって言えよー」
のび「ハハー」
ドラ「それで出来杉(古泉)vsアヌビス神の話に入るんだけどー」
のび「ハルヒ版ではアヌビス神にのっとられるのはだれなのー?」
ドラ「岡部だよー」
のび「ふーん………聞いて損した気分だよー」
ドラ「ハハ…こやつめ」
のび「でも古泉はマジシャンズレッドで出来杉はハイエロファントグリーンだよねー」
ドラ「出来杉にはそっちの方が似合うと思ったんだー」
のび「ふーんーまああれはパワーの弱いハイエロファントグリーンを使うのが逆に良かったかもなー」
ドラ「そうだねーでも問題なのは次のハルヒ版でいう長門vsキョンだったんだよー」
のび「長門ーーあっー!」
ドラ「そう、ハイエロファントグリーンはもう出来杉に使ったから、もう他の人にハイエロファントグリーンが使えないんだよー」
のび「作者って後先考えないねー」
ドラ「ねー」

785 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 07:53:48.30 ID:mgtLneKBO
『スゲーどうでもいい話5』
ドラ「そんな訳でハルヒ版のハイエロファントグリーンvsシルバーチャリオッツ編はドラえもん版ではイエローテンパランスvsエンペラー編に変わったのだー」
のび「まったく違うねーどうしてこの二つにしたのー」
ドラ「作者のフィーリングだよー深い意味はないよー」
ドラ「タバコの流れはギリギリ思いついたみたいだよー」
のび「危なかったらしーよー」
ドラ「だけど、なんかその話評判よかったからさー作者調子にのっちゃってー
朝倉涼子ならぬスネ吉にバッドカンパニーなんて持たせちゃうんだー、倒しかた考えてもないのにさー、けっきょくはのび太が負けてしまいスペアポケットを取られる。
これはヤバいから出来杉をまた使ってスペアポケットを回収しようとした。
後は全てこのスレで思いついた話さー」
のび「グゥ…」
ドラ「寝るな!」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/24(日) 08:04:02.60 ID:7mij1i9yO
後先考えずにあのクオリティ………
凄すぎるwwwwww

732 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 05:25:44.74 ID:inCTDrUk0
【残り8日;のび太サイト】

さて僕は学校に向かっている。「敵が襲ってくるから」を理由に学校を休もうと思ったのに……
出来杉のヤツが「学校にまだスタンド使いがいるかもしれない」とか言い始めた…余計な事は言わなくていいのに…
しかもその出来杉はまた学校を休むようだ。「受け身な状態じゃいつか死ぬ。こちらから攻撃しないと!」
などと訳のわからないことを口走り、また危険なスパイ行為に行くのだった……やれやれだぜ……
正直、そこまで自分の身の危険を冒してまで学校を休みたくない……
よってジャイアンと仲良く登校である。

学校には久しぶりに遅刻せずにした。宿題はやってなかったが、出来杉がやっててくれた。
「筆跡までマネたからバレることはないと思うよ!」もうあれだ。これからは出来杉様と呼ぼう。
いやジェバンニさまのほうがいいか?

学校に着くと、まず欠席者の確認をした。(出来杉に言われてたから)
出来杉に…スネ夫も休みか……
しずかちゃんも休み?そういや昨日は会話一つしてないな……
あとはやすおが休みか……まあそんな脇キャラどうでもいい……

739 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 05:34:00.59 ID:inCTDrUk0
そして放課後になった……
授業中はキングクリムゾンしてたから覚えていない。
ジャイアンは学校中を探索し回っている。
元気だねまったく……怪しい人なんて見つかるはずないのに……
ぼくはうとうとと昼寝に入ろうとした………
ふと校門の前を見ると男が一人立っていた……
なんでその男にクロ-ズアップしてみたかというと、怪しかったからだ。
もう小学生の中に天然パーマのおっさんがいた。
これは怪しい。
誰だってそー思う。
僕だってそー思う。

僕はとりあえずジャイアンを探す事にした。

844 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 13:08:16.55 ID:inCTDrUk0
校門の前に立ってた男は学校の中に侵入しながらブツブツ独り言を言っていた…
??「ヤツらを探し出すために………………
『根掘り葉掘り聞き回る』の…『根掘り葉掘り』……ってよォ~~~~
『根を掘る』ってのはわかる………スゲーよくわかる
根っこは土の中に埋まっとるからな…
だが『葉堀り』って部分はどういう事だああ~~~~~っ!?
葉っぱが掘れるかっつーのよーーーーーーーッ!
ナメやがってこの言葉ァ 超イラつくぜぇ~~~ッ!!
葉っぱ掘ったら裏側へやぶれちまうじゃあねーか!
掘れるもんなら掘ってみやがれってんだ!チクショーーッ!」
………
わざわざ名前を伏せる必要はない気がするが………
そうあの人である。
なぜこいつが現れたかというと、それはのび太たちの授業中で繰り広げられていた出来杉サイトの話を少しする必要がある。

856 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 13:27:55.26 ID:inCTDrUk0
【残り8日;出来杉サイド】
さて、昨日、スタンドがひみつ道具に変わった事で歴史が少しずつ変わったと言ったが具体的にどう変わったか説明しよう。
まず、ジョルノがポルポの試験で早くもレクイエムに目覚めてしまったのは、説明したよね。
よくわからない人は、お母さんに聞いてみよう。
その後おそらく、ジョルノは暗殺チームと手を組んだのだろう。そうじゃないと“今の僕の見ている状況”が説明できない。
そして、誰一人死なないまま…ジョルノたちはディアボロを倒す事になった。
まあ一人くらいは死んだかもね。
そしてジョルノはボスに、ブチャラティとミスタとアバッキオは幹部になった。
そしてさらに……リゾット・ネエロも幹部になったらしい。
そして、今、リゾットがナランチャの前に現れた……僕は遠くからハイエロファントグリーンを飛ばして話を聞いている。

(※ナラ;ナランチャ 雑炊;リゾット チョコ;チョコラータ)

ナラ「どういうことなんだ!?説明してくれ!!」

雑炊「説明?さっきからしてるじゃあないか……この任務は私の部下のプロシュートのチーム、メローネのチーム、チョコラータのチームが後を次ぐ事になった。」

ナラ「そんな!?理由は!!」

チョコ「理由?何を言っているんだ?ナランチャ……お前はスペアポケットを取り逃がしたんだぞ!これからはヤツらは俺達を用心するようになる。もうお前の仕事は終わったんだ!」

ナラ「そ…そんな……」


この先もいろいろ会話が続くけど、とりあえず今はのび太サイドに戻ろうか。

865 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 13:39:36.38 ID:inCTDrUk0
【のび太サイド

のび太はジャイアンを探しに行こうと教室から出ようとしたが、ドアを開けた瞬間に冷たい突風が吹いて後方に吹っ飛ばされた。
冷たい?そんなレベルじゃなかった……
黒板に叩きつけられた状態で、あまりの風の強さにまったく手足が動かなかった……
みるみるうちに自分の体が凍り付いていくのを感じる!!
ジョルノによると体感温度は風速1メートルにつき1℃は冷えるらしいから、今の一瞬だけで僕は何℃まで冷えただろう……
僕はすでに黒板にぴったり貼り付いていた……

(このひみつ道具は……いやスタンドの名前は……大寒波発射扇!!!)

874 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 13:51:07.39 ID:inCTDrUk0
さて大寒波発射扇をみんなに説明すると……
 
大寒波発射扇
大寒波発射扇(だいかんぱはっしゃせん)は、『のび太と夢幻三剣士』に登場する。
直径3メートルはあろうかという大型の扇風機。零下100度の冷たい風を放ち、物を凍りつかせる。
なお前述の名称は原作漫画でのもので、映画では「寒波発射扇プーキ」と呼ばれていた。
(Wikipedia参照)

である。

なんだ…マイナス100℃じゃあそこまでたいしたことないじゃないか……と思う人もいるかもしれない……
だが液体窒素を知っているだろうか?液体窒素はマイナス200℃はあるが、中に数秒手を入れても案外大丈夫だったりする。
それと似たように…周りの気温がマイナス何十℃とかでも、すぐには体温はマイナスとかまでいかない……
だが風があって周りの空気がすぐ循環する状態だと、みるみる体温は減っていく……
実際に僕はジョルノやミスタたちよりと違い早くも凍り付こうとしている!!

のび太のくせにやけに詳しいと思ったろ?
朝に全部、出来杉が話してくれたんだぜ、これ。

886 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 14:10:57.87 ID:inCTDrUk0
「(くッ…右手が黒板に貼り付いて……エンペラーの銃を向けることができない……)
まあ向けることはできなくてもエンペラーの弾は当たるけどね」

ドゥン! ドゥン! ドゥン!
エンペラーの弾丸は廊下の方にいかず、窓に飛んでいった。

ところでよくこんな風の中でしゃべれたと思う。
目がなかなか開かなくて気づかなかったが、どうやらあの大寒波発射扇のプロペラは直径3メートルもない。
多分廊下の天井をつきぶるから小さめにしてるのだろう。

なぜこんなに僕が余裕かというと、すでに窓の方に飛ばしたエンペラーの弾丸は軌道を変え、ギアッチョの方へと飛んでいってるからである。
(僕のエンペラーの弾丸は自由自在!スタンドだから空気抵抗も関係ない!)

ドグゥーーゥン!

エンペラーの弾丸はギアッチョに当たった……
だがのび太は思わずつぶやいた…
「おい……それは反則だろ……」

出来杉が言っていた。
マリオ・ズッケェロの“厚みぬきとりバリ”が、ただのハリじゃなくて“ソフトマシーン”に“ハリ”を取り付けたデザインだったように、
他のスタンドも“元のスタンドデザイン”に“ひみつ道具”を取り付けているデザインである可能性が高い……

ギアッチョは“あのスーツ”を体の身にまとっていた……

895 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 14:21:29.90 ID:inCTDrUk0
とりあえず、残りの2発のエンペラーの弾丸を扇風機の方にぶち込んだ…
扇風機はびくともしなかったが首振り機能のせいか……扇風機がそっぽを向いた!!
チャンス!風が消えた!!
今の内に……
「か…体が黒板に貼り付いて動かないだとぉぉぉおお!!??」

絶望的だ……
だがどんなスタンドにも弱点はあるはず…!
まだ僕はエンペラーの弾丸を繰り出すことができるッ!!

「エンペラァーーー!!!!」

ドゥン! ドゥン! ドゥン! ドゥウン!……

897 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 14:30:17.71 ID:inCTDrUk0
空気穴だ……ヤツの首の後ろには空気穴がある……

ヤツの最大の弱点は相手の温度を下げるスピードは格段に速くなったが……
マイナス100℃までしか温度を下げられない……
よって空気は固められないから、原作と違い常に呼吸のための空気穴を開けておく必要がある!!

「くらえ!!エンペラー!!!」

「フゥー、ボスが言うにはお前らは何故か俺達のスタンドの秘密をすでに知っているらしいな……
だれかのスタンド能力か?まあいい…首の後ろの空気穴が弱点なら……そこを防御してれば絶対に勝てるんだ!!」

ドコォ! ドコォ! ドコォ!

902 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 14:45:40.44 ID:inCTDrUk0
ドコォ! ドコォ! ドコォ!…
「クッ…」
ギアッチョはエンペラーの弾丸をひとつひとつはじいていたが、エンペラーの弾丸の数の多さに苦戦していた……
「どうやら、お前の空気穴に僕のエンペラーの弾丸がぶち込まれるのは時間の問題だな!
お前の扇風機で僕がくたばるのと、どっちが早いかな!!」
「クソォ……だが俺がそんなことをちんたら待ってると思うか?ただでさえ……気が短いのによォォォオオオオ!!!!」
「…!」

ギアッチョがのび太に向かって走ってくる!
「てめーは今ッ!動けねー!そのてめーにトドメを刺すのは難しいことじゃないぜ!!」

「………待ってたよ……シビレを切らすのを……
よく考えたら……この強風の中、学校の机がまったく飛んでないのがおかしかったんだ……
お前は僕を始末したあと…現場を片づけやすくするため…机の足を凍らせて固めていた……
たった今ッ!その机の足をエンペラーで破壊したぁーッ!!」

「なんだとォ!!?」

「けずり取られた机の足は風に乗ってお前の方に跳んでいる!!
エンペラーで軌道修正して・・・くらえッ!!」

906 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 14:57:16.32 ID:inCTDrUk0
「(イデッ!生…生ァァァァナマッ!生暖っけえものが…オレのうしろから…
血かッ!?血が出てんのか!?うそだ…そんなバカなッ!
何かとんがってるモノがオレの首の後ろに…)
だがここでオレは机の足を首から引っこぬくために立ち止まったりはしないッ!
このまま…
首に机の足をブッ刺したままッ!
この大寒波発射扇の風に乗って、お前に突っ込む!!」

「な…なんだと………???」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

「おい~~~~~~~~~~~~
覚悟はできてんだろうなああああああああああああ
トドメだッ!のび太ーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」


ドッゴゥオオオォオーーーンンッ!!!!!!

919 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 15:12:09.15 ID:inCTDrUk0
のび太はギアッチョに押しつぶされながらしゃっべった
「ああたしかに“覚悟”はできたぜ…
あいつの…“存在”がなかったら……僕は…ヤケになっていた……
あいつが“覚悟”をくれなかったら……この“道”は見えなかった
この攻撃をあえて身に受けるこの“覚悟へ”の『道』は……!!」

ギアッチョはその言葉を聞いて辺りを見わたす…
「!!!?(しまった…あのバカでかい音にさすがにきづいたか!)」

その男は廊下の前に立っていた…

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド…

「のび太…お前の“覚悟”は…
この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている…
そしてオレたちがこれから『向かうべき…正しい道』をもッ!」
その男の名はジャイアン!!!

ドドドドドドドドドドドドドドドド……

「なんだってエエエエエエエエエエェェェェェェ」

925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/24(日) 15:16:16.95 ID:BVJoo9OZO
てかギアッチョ日本語喋れるんだな

929 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/24(日) 15:17:35.93 ID:XBfIOk+i0
>>925
翻訳こんにゃく

933 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 15:26:03.51 ID:mgtLneKBO
ギアッチョは考える…
「(ジャイアンという男は風上にいる。これではオレの絶対的不利!!
だが第一撃さえよけられでば………)」
「くらえ!!ザ・フール!!!!」
「力を振り絞れッ!!大寒波発射扇ンンンンッ!!!!」

勝負は一瞬だった………
勝ったのはギアッチョッ!!!!
「ウハハハハ!!オレは上でッお前は下だッ!!風下にいる限りお前は動けない……」
「なんだ…………この風は…………」
「そしてお前のザ・フールの射程距離じゃあここまで届かないッ!!」

243 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 23:19:47.71 ID:inCTDrUk0
「なあ、おい!お前はもう手も足も出まい!」
そう言いながらギアッチョは首に刺さっていた机の足を取った。
だがジャイアンは続ける…
「確かにオレのザ・フールの射程距離じゃあザ・フールをお前のところまで飛ばせない。
だが、“覚悟”とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!!」
「なんだとおお?おい!…」
「オレからザ・フールを飛ばしても届かない?そんな時は逆に考えるんだ。
『ザ・フールでオレを飛ばせばいい』そう考えるんだ!」

ジャイアンはザ・フールのパワーで自分自身をギアッチョに飛ばした!
「オレの鉄拳を食らうがいい!!」

「バカかッ!てめー…エンペラーの弾丸でびくともしなかったこのスーツが、人間のパンチで砕けるかッ!」

ドゴォ…

252 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 23:31:44.46 ID:inCTDrUk0
「ああ…お前のスーツは砕けん!だが…お前をのけぞらすことはできる!
このままお前の後頭部を両手でつかんでぇぇぇぇえええ!!倒れ込むッ!」

グチャア……

「(な…なんだ……?また首に“何か”が突き刺さったぞ……)」

「のび太は意識を失うまえにッ!オレが現れる前にッ!すでにそこに弾丸で彫刻を作っていたッ!!
そこは扇風機の横のお前にとってもっとも安全なポジションの後ろッ!
のび太はいずれそのポジションにきさまが戻るのを読んでいたッ!
そこに机の足を削ってッ!鋭利に尖らせていたッ!」

「ぐはぁぁぁあああ」

「そしてトドメを刺すのはオレのスタンド、ザ・フールだァーーーーーッ!!!
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァーッ!!!」


巨大な扇風機が消えた。
それが意味することはひとつだった。

「決着ぅぅぅぅぅぅうううううう!!!!」
ジャイアンは叫んだ。

268 名前:1 ◆H76jRE4ZFc [] 投稿日:2007/06/24(日) 23:50:00.09 ID:inCTDrUk0
「のび太!無事ヤツを倒したぜ!お前のおかげだ。」
「くそ…からだを暖めてくれ……肉体が腐りそうだ……」
「ああ…まずは低温の水をかけてだんだん暖めていこう…」
バシャァ…
「いげッ!い…痛でエエッ!よッ!うあう、もっとやさしくやさしくッ!やってくれよジャイアン。」
「そんなの無理だろ…生きてる証拠なんだから騒ぐな。」
「ああ!ジャイアン!もっとやさしくそこはダメ!ダメッ!ダメッ!ダメッ!
(ん?…今の僕たちって勘違いされそうな感じじゃね?でもだれもいないだろうし大丈夫だろ)」

ガララララ…
ドアが開く音がした…だがのび太は気づかずにあえいでいた。
「ああ!やさしくしてやさしく!服をぬがせないでッ!感じる…うああああ…ダメもうダメ~ッ!」
「…………」
「…………」
「…………アーッ…」
見知らぬ女の子が立っていた。しかも無駄にかわいい。
「え!い…そッその…あの い…いえ!」
見知らぬ美少女は慌てている……
「あれッ!急に目にゴミが入った!見えなかった!なあーにも見てないから!」
そう言ってドアを閉めてどこかに行ってしまった。

何故このタイミングで新キャラが出てくるんだ……もう二度と登場してもらいたくないが
この作者の場合、またいつか登場しそうだ……

場の空気が凍り付いている。ギアッチョいないのに…
もはや出来杉サイドの話に移るしかない。


続きは作者さん待ちです><
 |  00:20  |  コピペ/読み物  |  トラックバック(0)  |  コメント(26)  |  Top↑  |  このエントリーを含むはてなブックマーク

Comment

  1. キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
    VIPPERな名無しさん |  2007.06.25(Mon) 00:31 |  URL | No.130
  2. これはいいwktk
    VIPPERな名無しさん |  2007.06.25(Mon) 13:13 |  URL | No.153
  3. やべぇwwwむちゃくちゃおもしれえwwwwwとにかくwktk
    VIPPERな名無しさん |  2007.06.25(Mon) 19:44 |  URL | No.185
  4. 続きはまだかぁぁぁああああああああ
    VIPPERな名無しさん |  2007.06.25(Mon) 23:09 |  URL | No.214
  5. 本スレ見たけど続きはまだっぽい・・・
    VIPPERな名無しさん |  2007.06.25(Mon) 23:56 |  URL | No.221
  6. 続きあるのに、更新しないの?
    VIPPERな名無しさん |  2007.07.18(Wed) 23:35 |  URL | No.2344
  7. 続きは?
    VIPPERな名無しさん |  2007.09.28(Fri) 00:08 |  URL | No.10915
  8. あれ・・続きは?
    VIPPERな名無しさん |  2007.12.17(Mon) 15:51 |  URL | No.36173
  9. 続き…
    VIPPERな名無しさん |  2008.01.14(Mon) 13:23 |  URL | No.51542
  10. 続き…
    VIPPERな名無しさん |  2008.02.22(Fri) 21:26 |  URL | No.78206
  11. 続きがほすぃ
    VIPPERな名無しさん |  2008.03.01(Sat) 03:03 |  URL | No.82905
  12. 続きを読ませろぉぉ
    VIPPERな名無しさん |  2008.03.10(Mon) 19:25 |  URL | No.89203
  13. aaaaaaaaaaaaaaaaaa津図奇異いい
    VIPPERな名無しさん |  2008.04.09(Wed) 08:27 |  URL | No.125342
  14. 続きが気になって仕方ない
    VIPPERな名無しさん |  2008.05.18(Sun) 00:09 |  URL | No.165952
  15. もうかかないのかな(´・ω・`)
    VIPPERな名無しさん |  2008.09.14(Sun) 01:07 |  URL | No.295004
  16. 書いてくださいぃぃぃいい!
    VIPPERな名無しさん |  2008.09.26(Fri) 22:36 |  URL | No.302659
  17. 10代ktkr
    VIPPERな名無しさん |  2008.09.30(Tue) 01:32 |  URL | No.304619
  18. 続きはああああああああつ!??
    VIPPERな名無しさん |  2008.10.21(Tue) 22:13 |  URL | No.315756
  19. 続きマダー?
    VIPPERな名無しさん |  2008.11.09(Sun) 21:55 |  URL | No.326429
  20. 続き無いのか…
    VIPPERな名無しさん |  2008.12.18(Thu) 19:22 |  URL | No.349519
  21. 続きはまd・・・倍プッシュだ・・・
    VIPPERな名無しさん |  2009.02.09(Mon) 22:42 |  URL | No.384188
  22. 続きもう書かないの??(TOT)
    VIPPERな名無しさん |  2009.02.12(Thu) 15:53 |  URL | No.385487
  23. うあああああああjadmwt/qwnq
    VIPPERな名無しさん |  2009.03.11(Wed) 01:22 |  URL | No.401716
  24. 続きまだ?
    VIPPERな名無しさん |  2009.04.06(Mon) 11:54 |  URL | No.421308
  25. 続きはまだかぁ
    VIPPERな名無しさん |  2009.04.13(Mon) 23:54 |  URL | No.426394
  26. つづきぃぃぃぃ
    VIPPERな名無しさん |  2009.09.18(Fri) 20:45 |  URL | No.537674

コメントを投稿する

URL
コメント
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
※みんなで仲良く楽しく使いましょう!
※スパム対策のため英数字だけのコメントはNG設定にしています。
※サイトの宣伝行為はお断りしています。
※無駄な改行の使用はご遠慮ください。

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

('A`)<ヘッドライン

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。